青汁キャラクター紹介
漫画家・アンパンマン原作者 やなせたかし×アサヒ緑健

テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」の原作者として知られる漫画家のやなせたかし先生が、アサヒ緑健の青汁のキャラクターを描いてくださいました。青汁キャラクターには「みんなが元気いっぱい、笑顔で暮らせるように」という、やなせたかし先生の想いがつまっています。

笑顔と元気をお届けするアサヒ緑健の青汁キャラクター

青汁のジルー€

初代・麦若丸によって作られた巻物に凄む"青汁の精霊"
巻物を手にした現・麦若丸によって呼び出される。
麦若丸の忍法修行の手助けをしている。
頭上のコップに原料を入れ、青汁を作ることができる。
頭が良く、配合する原料を変える事で様々な青汁を作ることができる。

【性格】
冷静沈着。ハッキリとものを言うので一見冷たい印象を与えるが優しい心の持ち主。麦若丸の成長をサポートしている。

麦若丸

熊本の阿蘇山中にあると言われている"大麦の里"の忍者(修行中)。
自分の忍法で日本中を元気にしたいと夢見ている。
初代・麦若丸の残した巻物を手に入れ、巻物の中にいる精霊(ジルー)を呼び出す。
ジルーの協力で、自分の髪から三精霊を呼び出す忍法を会得!
自分の髪と三精霊を原料に"緑効青汁"を作り出す。

【性格】
元気で明るい。困っている人を見るとほっておけない。

ニューちゃん

麦若丸の忍法によって呼び出される。
緑効青汁をつくるために必要な「乳酸菌」の精霊。

【性格】
誰にでも親切で優しい。反面、だまされやすいという弱点も。
いつも笑顔が絶えない。

センちゃん

麦若丸の忍法によって呼び出される。
緑効青汁をつくるために必要な「食物繊維」の精霊。

【性格】
几帳面。ただ、真面目すぎて融通が利かない。いつも掃除している。

オリくん

麦若丸の忍法によって呼び出される。
緑効青汁をつくるために必要な「オリゴ糖」の精霊。

【性格】
お人好しで、頭が良く機転が利く。
だまされやすいニューちゃんをいつも守っている。

大人にも子どもにも愛されるキャラクターを目指して。

やなせたかし氏

1919年高知県生まれ。1953年漫画家デビュー。

デザイナー、舞台美術家、放送作家、作詞家としても活躍。

「アサヒ緑健さんの健康に対する想いや、商品づくりの姿勢に共感し、キャラクターを描くことにしました。
『麦若丸』は主原料の大麦若葉を、『青汁のジルー』は可愛らしくして、子どもにも飲みやすい青汁を表現しています。
緑効青汁のゴールデンバランスをヒントに、三人組のサブキャラクターも誕生しました。
青汁キャラクターがたくさんの人に愛され、笑顔と元気をお届けできればと願っています。」

やなせたかし
教えて、やなせ先生!!キャラクターQ&A
ジルーの頭には何がのっているの?
おいしくて体によい青汁を作るためのコップがのっています。その青汁でみんなに元気を与えます。

イメージイラスト

なぜ麦若丸は忍者なの?
生命力あふれる有機大麦若葉はすべて国内産。だから元気で活発な忍者の男の子にしました。

イメージイラスト

三人組は兄弟なの?
ゴールデンバランスをヒントにしたので、兄弟ではなく仲間です。仲良く協力しながら元気をサポートします。

イメージイラスト

緑効青汁の一番の特長である「ゴールデンバランス」の乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維を知ったとき、これは良いと思って、三人組のキャラクターを思いつきました。