健やか倶楽部 2011年秋号の体験特集

3,000m級の山々、高層湿原 日本一の星空を楽しむ

大小3,000もの沼がある高層湿原、3,000m級の山々、満点の星を楽しむ「星空浴」。立山黒部アルペンルートでは、息をのむほど美しい風景に出会うことができます。

立山の美しい山なみを見ながらハイキング
標高2,450mの室堂では、立山の美しい山なみを見ながらハイキング。

落差日本一の称名滝。雲上の湿原・弥陀ヶ原

ナチュラリストの佐藤武彦さん

中央はナチュラリストの佐藤武彦さん。

秋はハイキングにおすすめの季節。ハイキングはジョギングなどにくらべ、腰や膝の負担が軽く、気軽に始めることができます。しかも、美しい自然は心をリフレッシュしてくれます。今回はシニアに人気の立山黒部アルペンルートを歩きました。
立山黒部アルペンルートは、富山県立山駅から標高2,450mの室堂を通り、長野県扇沢駅へと抜ける山岳観光ルートです。
称名滝

落差350m。東京タワーよりも高い所から豪快に流れ落ちる称名滝。

一日目は日本一の落差350mを誇る称名滝を見て、ケーブルカーで一気に標高約1,000mの美女平へ。このあたりは「森林浴の森百選」に選ばれるほど豊かな原生林が広がり、樹齢数百年の立山杉やブナの巨木が見事です。
弥陀ケ原の雲海

弥陀ケ原の雲海。湿原の向こうに、雲の海が広がっています。

午後からは、標高1,600~2,100mに広がる「雲上の湿原」弥陀ヶ原をウォーキング。湿地帯の先にはすぐ手が届きそうなところに雲海があり、雲の合間から遠く富山湾まで見えました。
木道を歩きながら、ナチュラリストの佐藤武彦さんに高山植物や、立山の自然について解説していただきました。
立山黒部アルペンルート行程図
□立山黒部アルペンルートの問い合わせ
〒930-0849 富山県富山市稲荷園町2-34
TEL 076(432)2819 http://www.alpen-route.com/

3000m級の雄大な山なみ。天の川がくっきり見える星空

自然解説員の田口松男さん

左は自然解説員の田口松男さん。

二日目は、標高2,450mの室堂を立山自然保護センターの解説員田口松男さんにガイドしていただきました。
室堂は立山黒部アルペンルートの中で最も標高の高い場所です。3000m級の山なみが目前に迫ります。
国の天然記念物・雷鳥

国の天然記念物・雷鳥。全国に約3,000羽、室堂には約240羽生息しています。

「夏でも雪渓が残る山々のパノラマは大迫力です。目をこらすと、米粒ほどの大きさで稜線を登山している人が見えました」とアサヒ緑健スタッフの村田さん。室堂では、国の天然記念物の雷鳥を見ることができました。ガイドの田口さんの指差す方向を見ると、雷鳥が岩の上に座っています。小さなヒナも二羽いました。
「なかなか見ることができないんですが、2~3時間、岩の上にじっとしていることもあるんですよ」と田口さん。この日も3時間くらい岩の上にとまっていたそうです。
室堂の星空

天の川、6等星、流れ星が見えた室堂の星空。美しい星空にいやされました。

室堂のもう一つの魅力は、星空の美しさ。宿泊したホテル立山は{星空に最も近いホテル」として知られるほど、星が美しく見える場所です。夜八時過ぎから、星空浴を楽しみました。天候もよく、天の川が地平線から地平線までくっきりと見えました。流れ星も1時間に何個も流れ、星空にいやされた夜となりました。

圧巻の景色が広がる天空のパノラマ展望台 日本最大の黒部ダム

3日目は立山黒部アルペンルート最大の展望ポイント・大観峰駅と日本一の高さを誇る黒部ダムを歩きました。絶景が広がる「雲上散策」を楽しみました。

毎秒10トン以上の放水は大迫力
毎秒10トン以上の放水は大迫力。晴れた日には、放水のしぶきで虹がかかります。

紅葉スポット・大観峰駅。迫力満点の黒部ダムの放水

たくさんのシニアの方たち

たくさんのシニアの方たちが、立山黒部アルペンルートを訪れていました。

最終日は、立山連峰の東2,316mの斜面に建つ大観峰駅と日本一の高さを誇る黒部ダムを訪ねました。室堂から大観峰までは、立山直下を走る立山トンネルトロリーバスに乗り、大観峰から黒部平までは、約一・七キロにわたって支柱が一本もない立山ロープウェイでくだります。ケーブルカーやロープウェイといった乗り物も立山黒部アルペンルートの楽しみの一つです。
山一面が紅葉でおおわれます

紅葉の時期には、山一面が紅葉でおおわれます。立山黒部アルペンルート屈指の紅葉スポットです。

大観峰駅は断崖絶壁にせり出すように建っています。展望台からは、後立山連峰と黒部湖の大パノラマを見ることができます。紅葉の季節は、立山黒部アルペンルート中で最も美しい紅葉スポットとなります。ハイマツの緑の中に、ナナカマドの赤、ミネカエデ、ダケカンバの黄色に染められた山肌は、パッチワークのような美しさです。ロープウェイは天空の展望台となり、360度のパノラマは見る者を圧倒します。9月下旬から10月中旬が見頃です。
お地蔵さまにお参り

立山黒部アルペンルートでは、バードウォッチングも楽しめます。

黒部ダムは高さ186m、ダムの曲線が美しい日本最大のアーチ式ダムです。豪快な放水は毎秒10トンを超え、ダムの上まで水しぶきが吹き上がります。
北アルプスの山々を背景に見るダムの放水は迫力満点。水煙の中に虹が輝いていました。夏の暑さがおさまった秋は自然の中を歩くのに最も適した季節です。ゆたかな自然につつまれると、街中では感じることのできない感動を味わうことができます。秋はちょっと足をのばして、ハイキングに出かけてみませんか。

編集後記

編集後記

アサヒ緑健コミュニケーター 上之浦
初日から降ったり止んだりの不安定なお天気の中で体験取材。ナチュラリストさんとの高原散策では、高山植物はたった数センチに育つのに20年くらい時間がかかる、というお話を聞いて大切に守られているんだなと思いました。めったに見ることのできない天然記念物の雷鳥にも出会うことができて本当にラッキーでした。
そして今回一番の感動は夜空に広がる満天の星!一生忘れられません。あまりの星の数に目の前に広がっている光景が夢のようでした。人生で初めて流れ星を見ることができてとてもうれしかったです。
他にも大迫力の黒部ダムやケーブルカーなどの珍しい乗り物に乗ったり、見所が多すぎてここでは語り尽くせません…。北アルプスの大自然の素晴らしい景色に圧倒されっぱなしでしたが、数々の感動 体験をさせて頂きました。

コミュニケーターが行く!体験レポートバックナンバー

おすすめコンテンツ