健やか倶楽部 2014年秋号 ふれあいアルバム
大好きな着物を通じ、おしゃれを楽しんで日々イキイキと。
大好きな着物を通じ、
おしゃれを楽しんで日々イキイキと。

「着付け教室の全国大会に出ました」と和装姿の写真を送ってくださった沖林さん。
本格的に着付けを習い始めたのは6年前、79歳とは思えないほど若々しく感じられ、ぜひお会いしたいと広島県を訪ねました。

何事にも前向きに取り組む向上心が、沖林さんの若さの秘訣です。
何事にも前向きに取り組む向上心が、沖林さんの若さの秘訣です。

73歳から着付けを学び始め、和装でのお出かけが楽しみに。

やさしげな薄紫色の着物で、私たちを迎えてくださった沖林さん。ピンと背筋が伸びた、美しい立ち姿が印象的です。

「私は、若いころから着物が好きでね。でも、ずっと家業を切り盛りしていたので、毎日がもう慌ただしくて…。やっと仕事を引退して時間ができたのは73歳の時だったの。今からでも遅くない、着付けを正式に学んでおきたいと思ったんです」

半年間、着付け教室に通って勉強し、留袖や訪問着などの着こなしもマスターされたそうです。
着物姿のスナップで、アルバムの中はとても華やか。

着物姿のスナップで、アルバムの中はとても華やか。

「昔からおしゃれが大好き」とおっしゃる沖林さんは、着物を通じて自分らしさを表現できることがとても楽しいと話されます。
おしゃれ心を持ち続けるために体も健康でありたいと、牛乳や野菜ジュースに青汁コラーゲンを入れて飲むのが日課と教えてくださいました。

全国大会という目標へ向け、いくつになってもチャレンジ。

年1回開催される着付けの大会で、沖林さんは100名以上の中から県大会を突破し、全国大会に三度も選出されています。

「会場内に全国から大勢の着物好きが集まる中、ファッションショーのようにステージ上を歩くんです。華やかなスポットライトを浴びて、夢みたいな気分でした」

自分なりに考えたコーディネートで出場。ステージ上でも素敵な笑顔です。

自分なりに考えたコーディネートで出場。ステージ上でも素敵な笑顔です。

これからも全国大会を目標に頑張りたいと話す沖林さん。
体力維持のために通うジムでは、卓球やフラダンスを続け、昨年からはなんとテニスも始められたそうです。
バランスボールやフラダンスなどさまざまな運動で筋力をつけています。

バランスボールやフラダンスなどさまざまな運動で筋力をつけています。

「いくつになっても、思い立ったら挑戦してみる。その気持ちが私の活力源になっています」

いつまでも前向きに、イキイキとした毎日を送ってくださいね。
色・柄・織りと着物には魅力がいっぱい!

色・柄・織りと着物には魅力がいっぱい!

ふれあいアルバムバックナンバー

おすすめコンテンツ