健やか倶楽部 2014年春号 ふれあいアルバム
人とのふれあいや 家族の強い絆が 若さと元気の源。
人とのふれあいや 家族の強い絆が 若さと元気の源。

55歳で喫茶店をオープンし、昨年末までの17年間、ほとんど一人で切り盛りされてきた龍原さん。 「病気ひとつしたことがありません」とおっしゃる元気の秘けつを伺いたいと、大阪へ向かいました。

周りの人をなごませるような笑顔が魅力の龍原さん。
周りの人をなごませるような笑顔が魅力の龍原さん。

たくさんの笑顔に囲まれて 会話が弾んだ店での日々。

一七年間、地元のお客様に愛され 続けてきた喫茶店『フレンド』。今回は、その思い出が詰まったお店を訪ね、お話を伺いました。

「店の中に飾ってと、しょっちゅう鉢植えをいただいたりして、本当にお客様に恵まれましたね」

人とおしゃべりするのも大好きとおっしゃる龍原さん。「もし、ずっと家にいる生活だったら、とっくに老け込んでいたはず。店に出ていたからこそ、イキイキとした気持ちを保てたと思います」 多くの人とのふれあいが、若さを保つ秘けつと話してくださいました。
朝7時から夕方5時まで、絶えず明るい会話が飛び交っていたカウンター。

朝7時から夕方5時まで、絶えず明るい会話が飛び交っていたカウンター。

「お客様と接していると、立ち仕事もまったく苦だとは感じませんでしたね」

「お客様と接していると、立ち仕事もまったく苦だとは感じませんでしたね」

夫婦で支え合いながら50年、青汁も健康づくりにひと役。

昨年末、多くの人に惜しまれて閉店した後、心に浮かぶのは周りの人への感謝に尽きるそうです。

「長く続けてこられたのは、家族の支えがあったおかげ。なにしろ、朝は五時半に起きて、七時には開店という生活でしたからね。主人にも迷惑をかけていたんじゃないかと…」

夫である力弥さんの協力があってこそ、楽しく充実した毎日だったと話してくださいました。
夫の力弥さんも、大工の職で72歳まで現役だったほど「夫婦そろって病気知らず」と伺いました。 力弥さんが知人から勧められたのをきっかけに緑効青汁を飲み始められたそうです。
好奇心が旺盛なことも、プラスになっているという龍原さん。「テレビ番組などで、これが体に良いと聞くと、何でもすぐに試してみるの。その上で自分が納得した健康法だけを続けています」
ご愛飲歴9年以上の健やかご夫婦。

ご愛飲歴9年以上の健やかご夫婦。

今後は、より一層家族と過ごす時間を大切にして、好きな温泉や食べ歩きなどにも出かけ、新たな出会いを楽しみたいそうです。
どうぞ、いつまでも笑顔いっぱいの日々をお過ごしくださいね。
「家族は宝物です」と語る龍原さん

「家族は宝物です」と語る龍原さん

ふれあいアルバムバックナンバー

おすすめコンテンツ