健やか倶楽部 2015年春号 ふれあいアルバム
舞踊やキルト制作で地域の輪を広げ、みんなに笑顔を。
舞踊やキルト制作で地域の輪を広げ、みんなに笑顔を。

地元の婦人会や老人会で会長を務める、地域活動のリーダー的存在として慕われている我那覇様。
敬老会の贈り物にキルトでポーチを作るなどお仲間と一緒に幅広い取り組みをされています。
その元気の秘訣を伺いたいと沖縄へ向かいました。

「体力が続く限り、愛着あるこの街のために働き続けたいです」と我那覇様
「体力が続く限り、愛着あるこの街のために働き続けたいです」と我那覇様

地域の盛り上げ役としてさまざまな場面で奮闘中

50代からずっと自治会の婦人部に所属し、地元のために活動を続けてこられ、老人会に移っても会長を引き受けられたそうです。

「主人は『もう80歳なのに、まだやるのか』と、半分あきれ顔ですけど(笑)」

活動拠点でもある公民館でお話を伺いました。

活動拠点でもある公民館でお話を伺いました。

これまでの歩みを振り返り、特に思い出深いのが、昨年秋に初開催した文化祭です。

「戦後すぐできた自治会なのに、70年近く本格的な文化祭がなかったの。それが昨年、自治会長と共に、地域の方々の協力が得られて、ついに実現してね。絵画や手芸、舞台など発表の場を待ちわびていた人がたくさんいて、驚くほどの盛況ぶりでした。私もお友達との共同制作でハワイアンキルトを出品したんですよ」

その時の経験を活かして、地区の敬老会が行われた際は、お仲間と一緒に、キルトでポーチを80個以上作り、参加者に贈られました。
文化祭での出品作や、敬老会で送ったポーチなど

文化祭での出品作や、敬老会で送ったポーチなど

ご一緒にハワイアンキルトでコースター制作もしました。

ご一緒にハワイアンキルトでコースター制作もしました。

人が好き、ふれあいが好き、その気持ちが行動となって。

我那覇さんは、防火クラブや美化運動など多方面での活動も掛け持ちし、多忙な毎日を送られています。

「自治会の連絡員として会費の集金にも回りますが、どちらかといえばゆんたく(おしゃべり)するのが目的みたいなものです。」

さらに、毎年開かれる『踊りの集い』にも中心となって参加。お仲間と共に衣装を揃え、ステージで舞踊を披露していらっしゃいます。
時には裏方として、時には表舞台で地域を盛り上げる、そのバイタリティの源を尋ねてみました。
毎回オリジナルの衣装でステージに立っています。

毎回オリジナルの衣装でステージに立っています。

「私は、人との交流が大好きなの。日々、誰かと会って話をしたり、一緒に何かを作り上げたり。そういうことが生きる張り合いになっています。それに、毎朝必ず緑効青汁を飲むことも健康維持の秘けつです」

どうぞ、いつまでも地域の皆さんとのふれあいを楽しみながら、イキイキとお過ごしくださいね。
どうぞ、いつまでも地域の皆さんとのふれあいを楽しみながら、イキイキとお過ごしくださいね。

ふれあいアルバムバックナンバー

おすすめコンテンツ